講座名 制御システム開発のためのMBD
主催 AZAPA株式会社
受講料 3,000,000円 /30人~
受講期間 5日間
受講対象 中級
実施形態 講義 実技 オンサイト WEBリアルタイム
モデル化領域 制御モデル プラントモデル
対象領域
目標・狙い 自動車の制御システムの制御設計からソフト実装までをシームレスにモデルベース開発できる人材を目指す
・ 具体的には制御設計・ ソフト設計どちらかの基礎知識がある前提(MATLAB/Simulink の基本操作及び 制御設計もしくはソフトウェア設計の経験) で、アーキテクチャ設計~モデル作成までの基礎+ α の理解をしていただき、構造・ 制御・ 実装モデル設計での ITSSレベル 4 を目指す人材を育成する
概要 1日目
・イントロダクション
・システムアーキテクチャ実習
・制御工学基礎
2日目
・制御対象モデリング実習
・台車制御設計実習
3日目
・倒立二輪ロボットの制御設計実習
4日目
・状態遷移図によるモデル作成実習
・コード生成とSILS実習
・ソフトウェアアーキテクチャ設計
・ソフトウェアコンポーネント設計
・ソフトウェア実装
5日目
・実機実装・評価実習
・経産省ガイドライン
・確認テスト

※本コンテンツは enPiT-Pro Embにて名古屋大学が提供するものと同等の内容ですが、受講される企業様へ合わせてコンテンツ改修等を行った上で提供いたします。そのため、補助金対象とはなりませんのでご留意ください。
課題 最終日に修了試験あり
関連資料 ・ 倒立振子で学ぶ制御工学(川田昌克編著、東俊一・ 市原裕之他共著、森北出版)
・ 配布テキスト
詳細情報
申し込み先
AZAPAセミナー事務局
052-265-6516/azp-seminar@azapa.co.jp