講座名 電子機器の温度測定と CAEのモデル化 接触熱抵抗編
主催 株式会社IDAJ
受講料 80,000円(消費税別)
受講期間 1日間
受講対象 初級
実施形態 講義 実技 オンサイト
モデル化領域
対象領域
目標・狙い 本コースでは、自然空冷機器を対象として温度測定とモデリングを行います。ファンレス・密閉機器では、ヒートシンクや筐体への熱伝導によって放熱ルートを確保します。 特に接触によって熱伝導を行う場合、接触熱抵抗を適切に把握し、モデル化しなければなりません。 最近はグリース以外に多種の放熱材料(TIM)がありますが、 これらを効果的に使うにはどのような注意が必要か、また予測が難しいこれらの接触熱抵抗を 正しく把握するにはどのようなモデリングが適切か等、接触熱抵抗を 正しく見積もる方法について実験を通じて検討します。
概要 1. 講座の趣旨
2. 自然空冷基板の熱対策(ヒートシンクの使い方とその効果)
  実験方法の説明 / 結果の予測 / ヒートシンクによる温度低減効果の測定 / 実験のまとめと解説
3. 接触熱抵抗の測定
  実験方法の説明 / CAEによる結果の予測 / 各種TIM(グリース、放熱シート等)の接触熱抵抗測定 / 実験のまとめと解説
4. 自然空冷機器の熱対策
  密閉筐体に基板を実装し温度を測定する / 効果的な対策をグループで検討(ヒートシンク、筐体接触など) / 対策の実施と温度測定 /
  実験のまとめと解説
課題 モデル作成・熱解析実行の課題あり
関連資料 テキスト1部
詳細情報
申し込み先
https://www.idaj.co.jp/academy/seminar/training_detail.html?courseid=134