講座名 MBDにおける仮想検証環境の有効活用
主催 dSPACE Japan株式会社
受講料 無料
受講期間 半日
受講対象 初級 管理者
実施形態 講義 WEBリアルタイム
モデル化領域 制御モデル プラントモデル
対象領域
目標・狙い ECUのソフトウェア開発において、複数のアプリケーションが連携してシステムを構成、機能を実現する中で、システム検証は重要性は増すと共に、検証工数が増加する傾向にあります。機能安全も見据えたMIL,SIL環境の整備、自動運転(AD)、ADAS向け開発環境の整備などを含め、ECUソフトウェア開発において開発から検証の工程において、これまで以上にフロントローディング(開発の前倒し)が必要になり、仮想検証の重要性が増してきています。国内でも急速に導入が進んでいる仮想検証環境、VEOSの活用について紹介します。
概要 ECUのソフトウェア開発において、複数のアプリケーションが連携してシステムを構成、機能を実現する中で、システム検証は重要性は増すと共に、検証工数が増加する傾向にあります。機能安全も見据えたMIL,SIL環境の整備、自動運転(AD)、ADAS向け開発環境の整備などを含め、ECUソフトウェア開発において開発から検証の工程において、これまで以上にフロントローディング(開発の前倒し)が必要になり、仮想検証の重要性が増してきています。国内でも急速に導入が進んでいる仮想検証環境、VEOSの活用について紹介します。
受講対象者
・ MBDの導入を検討しているもしくはすでにMBDを導入しており、かつ仮想検証環境(MIL,SIL)に興味のある方
・ 既存のMBD開発環境をお持ちで、さらに仮想検証の有効活用で効率的な開発検証環境構築(MIL,SIL)を目指したい方
・ AD/ADAS、電動車両開発においてdSPACEの仮想検証環境に興味がある方

コンテンツ
・ ソフトウェア開発プロセスと仮想検証
・ 仮想環境シミュレーションプラットフォーム VEOS(特徴、フロントローディングへの活用)
・ ドメインごと(AD/ADAS、電動化)に対応できるプラントモデル (ASM)と仮想検証
・ 大規模仮想検証への発展 : クラウドシミュレーション環境
会社概要の紹介
課題
関連資料
詳細情報
申し込み先
URL : https://www.dspace.com/ja/jpn/home/support/suptrain/viva_seminar.cfm